【縮毛矯正】ストレート 神アイロンテクニック

縮毛矯正ストレート

縮毛矯正ストレート!その1

縮毛矯正すると髪が痛むと言いますが 実はそれはそうともかぎりません

ダメージの原因は過剰なアイロンによる髪の毛の中にあるタンパク質硬くなり潤いがなくなることなんです。

と言うことで、アイロンと温度について説明します

温度とアイロンによってストレートの仕上がりが変わり

アイロン(コテ)技術=アイロンで毛を挟むことをプレスと言う(以下プレスと称します)

大まかに低温と高温があり

低温ストレートと呼ばれているのは120°から150° 

そして、通常の縮毛矯正ストレートは高温で180°から200°以内

温度によってプレス数やプレスのスピードで調節していく

120°だとゆっくりと8プレスから10プレス(髪が柔らかくナチュラル伸びる)

180°は素早く2プレスから3プレス(艶感が出てしっかり伸びる)

どちらのプレスでも髪に与える負担はほぼ同じですが質感が異なりますね

仕上がりと質感ですがこれは使う薬剤でも変わってきます

美容師さんとお客様の仕上がりイメージでストレートの手法を考えていきます

CHELI では

高温で3プレス以内でアイロン

(髪にダメージを与えない特殊ないアイロンを使用)

髪のタンパク質が硬くならない薬剤使用

高温でプレスしますが質感はナチュラルで艶のある髪になります

ちなみにうちでは1時間半で仕上がり

大切な時間ですからね

髪質の事やデザインについてはまた次回!

ちなみにヘアビューロン使ってます神アイロンです