【タイ理容室】バンコクメンズカット事情

カット 番外編

バンコクで流行っているバーバースタイル

いわゆる new7x3(ヒチサン)スタイル

バーバーの良しわるしを説明いたします(タイバーバー分析)

タイバーバーの価格

300B〜400B

100Bの店もあります

なぜそんなに安いのか?

バーバーの学校に行ってない人は100B以下。 バーバーの学校に行った人で300B〜と言う感じですね

バーバーの学校は3ヶ月が基本です料金は30000B〜 政府がやっている理容師学校で105Bっていうにもあります

三万B(十万円)と百B(三百円)ってものすごい差ですが施設の違いや先生の差だろうと思います。理容師学校次第ではカット単価が違ってくるとか

基本バリカン

電動バリカン で基本3ミリスタートです。日本だと6ミリ9ミリが基本です

タイバーバーサロンの共通点

スタイルのレパートリーが3つほど、角刈り、ヒチサン、坊主が基本スタイルです

コミニケーション=人の話を聞かない

特に男性理容師はタクシードライバーと同じめんどくさがりw

 

バンコクでチェーン展開している有名なバーバーNever Say Cutz

ヨーロッパビンテージスタイルの内装がオシャレで上手い理容師も在籍していますが予約取りづらいとの事。

こだわる方はタイバーバー行っても二束三文

タイバーバーではスキバサミを持ってるスタイリストが少ないでのナチュラルなちょい長いスタイルでオーダーしてもただの残切りになるケースが多いようです、女性スタイリストならなんとか大丈夫ですが、(タイ人)男性スタイリストならガッチリ刈り上げスタイルになりるのでちょい長スタイルの方は日系サロンの方が良いでしょう。

 

★★★

バーバーで小ざっぱりカットするなら100B〜300Bが良いと思いますが、多少のこだわりがあるなら日系がおすすめですね、仕事ができる男性は髪型にもこだわります、髪をカットして邪気払い!という意味もある事なので小まめにカットすることをお勧めします。毎月通えるカットサロン、バンコクならきっとありますよ!

ちなみにスクンビット29にROK CHELI  barberメンズ専門店あります、スタイリストは女性ですまあまあ上手ですぜひお試しください