【バンコク美容室】安い美容院 タイローカル美容室と日系の違い

番外編 髪のお悩み

「バンコクの美容院代が高すぎる!」

バンコクの美容室代は高い!!

身だしなみを整える意味でも、定期的に通わなければならないため、固定費といっても過言ではありません。

日系サロン平均カットプライス1000Bに対してローカルヘアサロン300Bで理想的な価格!

しかし…「技術が下手かもしれない」という不安もあるでしょう。

「美容院ではリフレッシュしたい」「髪質にクセがあるし、縮毛矯正しないとだめ」など美容室に求める価値観は様々です。

バンコク美容室平均価格  バンコクローカルタイ美容室 料金 参考に

 

ローカル美容室&日系美容室との価格比較

カットに関してはタイ300B〜400B 日系1000B〜1200Bと開きはあります(100Bカットは論外です)

デジタルパーマやストレートに関しては3500B〜4000B と日系とほぼ同じです

カラーに関して1800B〜3700これもほぼ同じ

(これ以下の価格だと薬剤が低価格のタイ製や中国製のものなので髪へのダメージが否めません。)(カラー専門店は特化しているので大量購入なので安く薬剤を仕入れているのでわかりません)

 

安い美容院だから下手というわけではありません

日本の場合

安い美容院は、カット時間を短くして一人当たりのコストを最小限におさえたり、クーポンを配布することで安くしたり、といった企業努力をしているから安いのです。決して、安かろう悪かろうではないんですよね。

タイの場合

教育システムがないためカットが上手な美容師と下手な美容師の差がはげしい。下手な美容師というのは人の話を聞かないとか再現性がないということです。ロングで毛先を揃えるていどなら問題ないでしょう。日系美容室で日本人が教育しているサロンもあります。CHELI HAIR 23店 29店 21店参考に

 

高い美容院に行ったとしても、パーマやカラーに失敗したという経験もあるのではないでしょうか。

 

日系美容室がお得になる場合も

クーポンや割引を利用すれば高い美容院でも半額近い価格で美容院を予約できます。数回通えばポイントサービスでだいたい5%〜10%の還元や300B〜500Bのトリートメントサービスはやっている。サービス料や税もタイの美容室ではほとんど取らない店も多いようです。

 

タイの日系ヘアサロンはどうなのか?

個人店がほとんどですが、数人の美容師がいるところはミーティングや講習などにも参加し向上心はあると思います

そもそも美容師を志した人は美容の仕事が好きでやっている仕事です、日本であろうが海外であろがお客様には一生懸命接客をします

美容師を目指す人はちょっと個性的な人も多いので合う合わいもありますがそれは日本でも同じです

 

 

★★★私が会った日系美容師の印象はみなさん感性が豊という個性的な人より、誠実で洗練された方の方が多いようにおもいました。

私は毎月、タイ日系美容室に行きます、好奇心もあり毎回違う店でカットしていますがほんとにいいサービスをします自分自身も見習う点もいくつもありましたw

海外にいる美容師は下手とか接客がなっていないという点では日本でも変わらないと感じます、自分に合った美容師を探すというのは本当にむずかしいとはおもいますが、ネットでググれば情報は見える時代です、ご自身を公開している美失敗しないのではなおいでしょうか

口コミ、ブログ、ホームページ、広告、最終的には運もあるんではないでしょうか。一概にバンコクの美容師は下手だということはないはずです。