タイで髪の予防法 トラブル4選 【美容室】

トリートメント

バンコクへ来て髪のトラブル多発しています

  1. 抜け毛

  2. かゆみ

  3. 髪のダメージ

  4. 手触りがバサバサ キシキシ

↑特に多いのがこの4つです

1.抜け毛 2.かゆみの原因

  • 生活習慣の乱れやストレスや不眠などによる事
  • 過度なカラーリングやパーマ(デジパやストレートは地肌につけないので大丈夫)
  • ロングヘアやポニーテルや髪を長い時間、髪をくくる(縛る)同じ髪型を長く続けている事が原因
  • タイ生産のシャンプーが原因(パンテーン ダブ
  • 出産後の抜け毛 一時的なもので大丈夫だと思います
  • 髪の洗いすぎによる頭皮に潤いがなくなりかゆみの原因
  • 洗髪後濡れたまま放置する

 

1.髪のダメージ4.手触りがバサバサキシキシおこる原因

  • タイの水によるダメージ
  • 紫外線によるダメージ
  • 大気汚染によるダメージ
  • 摩擦によるダメージ
  • 乾かさないことによるダメージ
  • 美容室によるダメージ

タイで髪が痛む原因 ←こちらさらに深堀りした内容です

解決策

1.シャンプー剤を良いものに変える

シャンプーは、髪と頭皮を健やかに保つために欠かせないものですが……なのに普段はなんとなく「まっこれでいいかな?」という感じで選んでいませんか?

タイは硬水(硬水に含まれるカルシウムやマグネシウム+水道管のサビなどがシャンプーや洗浄成分と化合して、『金属石けんや石けんカス』を発生させます)なので

シャンプーは洗浄力と潤いのバランスが整ったスカルプケア系のシャンプーをおすすめします。

かゆみやフケには頭皮に潤いを与えるトリートメントもセット使ったほうが良いです。

髪や頭皮に良いバンコクのおすすめ市販シャンプーベスト5選【タイ】 ←タイのスーパーで売られているシャンプー

【ミルボン タイランド】タイでもやっぱりいい「ミルボン」スカルプケア系シャンプートリートメント サロン専用美容師がおすすめするシャンプー

2.トリートメントの改善

紫外線対策は肌!という方も多いと思いますが、実は髪にとっても重要。髪は肌の数倍もの紫外線の影響を受けてしまうからです。タイは年中紫外線が強いので「パサつき」「手触りが悪い」と悩んでいる方は、紫外線の悪影響を受けているのかもしれません。

日中に欠かせないのが「洗い流さないトリートメント」

洗い流さないトリートメントには、以下のようなタイプがあります。

・「ミルクタイプ」…保湿成分がたっぷりで浸透するので、夜寝る前髪をしっかりケアしてくれます

・「オイルタイプ」…有効成分を含んだオイルを配合し、昼間の紫外線から守り保湿もしてくれます

 

3.シャンプー時の頭皮マッサージが有効 ブラッシングで頭皮や髪に付着した汚れを落とす

頭皮の血行を良くして、髪にきちんと栄養が行き届くようにするためにも、シャンプーをする際には頭皮マッサージをしてみましょう。時には、美容室でヘッドスパを受けることもおすすめです。頭皮マッサージは、指を使ったマッサージのほか、マッサージブラシを使うのもよいでしょう。頭皮にブラシを押し当てて、気持ち良く感じる程度の強さで、頭皮を動かすようにマッサージしてみましょう。

毎日ブラッシングは、髪の絡まりやもつれを解き、頭皮や髪についた汚れを落とすこともできます。オイルをつけた後軽くとくだけで髪に潤いを与えてくれます。

4.生活習慣を改善

●睡眠を6時間以上とる
●栄養バランスの良い食事をとる(事については、髪の主成分となるアミノ酸やたんぱく質を積極的にとることがポイント)
●ストレスを発散させる
●たばこ・アルコールは控える

 

★★★日常生活の様々なところに髪のダメージや頭皮のトラブルの原因は隠れております、生活習慣が大部分を締めている事がわかって頂けたかと思われます。

紫外線、水、エアコン、湿気で髪は日々ダメージを追って髪にとって過酷な状況になっています、

なので月に一回はサロントリートメントかヘッドスパをおすすめします。日頃の手入れ次第で髪はよみがえりますのでお気に入りのサロンをみつけましょう

【バンコク】バンコク日系 美容室平均料金 2019 トリートメントの平均相場500B〜3000B  ヘッドスパ500B〜1200とお求めやすいですね

タイは、ただでさえ暑く、ストレスが溜まってしまいがちです。冷房や扇風機などを上手に使い、ストレスフリーに過ごせる様工夫してたのしい海外ライフをおくりましょうね

cheli hair 49

ご予約は085-234-7722

CHELI 49 グーグルマップです