【バンコク】水で髪が傷むのか? やたらと髪が抜けるのどうして?

ヘアケア 髪のお悩み

バンコクの水で髪が傷むのか?やたらと髪が抜けるのどうして?

結論から言うと  (かゆみ フケ含み)

傷まないし抜け毛も原因ではありません

バンコクの水は日本と比較してミネラルが多く含まれる硬水です。

硬水によって髪が抜けやすくなることはありません。

髪が傷んだと感じる要素は、石鹸の泡立ちがわるい、 シャンプーが流れにくく残りやすい、ミネラル分が髪に残りギシギシ感やゴワゴワした手触りになるなどがある言うこと。

 

硬水による髪へのダメージ

硬水に含まれているミネラルは飲用すると身体によい効果ですが、髪にとって良くない効果もあります。

ミネラルウォーターに多く含まれているカルシウムやマグネシウムが、髪の毛のタンパク質に付着し、ギシギシ、ゴワゴワした感触を生み出すことになります。

硬水は石鹸の泡立ちが悪く。石鹸の成分は硬水に溶けにくいため、頭皮に石鹸カスが残りやすくなって人によってはかゆみの原因にもなっています

髪が抜け落ちてしまうメカニズム

髪は1ヵ月で約1~1.5cm伸びるといわれています。しかし、ずっと伸びているわけではありません。一定の期間で抜け落ち、同じ毛穴からまた新しい髪の毛が生えこれの繰り返しを
しています。

洗いすぎや石鹸シャンプーは危険。皮脂は頭皮にはとても大切なものです。シャンプーで皮脂を洗いすぎてしまうと、保護膜がなくなり、水分が蒸発し頭皮が乾燥して荒れていき、髪の毛が抜けてしまいます。

実は抜け毛と食生活は密接しています。

睡眠不足や暴飲暴食は基本だめですね。

頭皮にもトリートメントをおすすめします ヘッドスパや頭皮用潤いトリートメント(ミルボン プラーミア バランシングスカルプ )ヘアリキッドや育毛剤など毎日のケアが大切

抜け毛予防

海藻類を食べると髪の毛は早く伸びるといわれていましたが、迷信だと考えてもいいです。

髪の毛の主成分から考えて抜け毛予防の食材を選ぶことによって抜け毛を減らすことができます。90%がタンパク質でできている髪の毛には、食事からとるたんぱく質も有効な栄養となります。

 

抜け毛予防に最適な食材を紹介していきます。

  1. レバーは抜け毛対策に必要な栄養
  2. ソムオー(でっかいグレープみたいなザボン)、レモン、ソム(みかん)、マナオ(レモンとライムの間の子)などの柑橘系フルーツで血行を促進
  3. 納豆は上質な植物性タンパク質抜け毛対策食品

 

髪がバサバサ頭皮がかゆいという方の解決法

ずばり浄水器か軟水器をおすすめします CKMAという浄水器軟水器水のトラブル解消です

まずはシャンプー剤の量を多くしっかりお流しし、トリートメメントをたっぷりつける事をおすすめします

週一回ほど炭酸水か炭酸シャンプーで髪を洗うと良いでしょう。

タイで使うおすすめシャンプートリートメント

スカルプケア系

ミルボン プラーミア バランシングスカルプ 

髪や頭皮に良いバンコクのおすすめ市販シャンプーベスト5選【タイ】

です

 

★★★頭皮のかゆみ抜け毛や髪のバサバサが気になるその対処法として、一番簡単なのが、シャンプーを変えてみることだと思います。

きちんとサロンで相談し高価ではありますが、頭皮ケア(スカルプケア)に優れてるものをおすすめするとおもいます。ぜひお店にきて、相談させてください。

 

cheli hair 49

ご予約は085-234-7722

CHELI 49 グーグルマップです