【ヘアカラー】白髪染めの頻度は?

ヘアカラー

『白髪』の頻度は何ヶ月に行けばベストなのか情報をお伝えしたいと思います。

髪の毛は、伸び続けるもの。

髪はオシャレや個性を演出する身だしなみともいいます

髪の毛は身体と共に、自分自身を形造る一部として産まれ、成長し、衰えていきます。

結論から言うと

髪の強さや太さ、頭皮の状態によって個人差はありますが、髪に負担のかかる白髪染めは平均2ヶ月がベストだと言われます。
あくまでも一般的な話です。

髪の毛は1ヶ月に約1センチ伸びます。

 

白髪率による白髪染め頻度 上記写真参考に

5%~15%:おしゃれ染めでOK

15%〜30%:2ヶ月以内 白髪染め

30%〜:1ヶ月以内 白髪染め

 

リタッチカラー or ルーツカラー という根元染め

2センチ以上髪が伸びてから染める場合 美容師はプロのテクニックを使っています。

セルフカラーでは、知らずに染めると髪が傷みやすい原因のひとつになります。

 

理想の白髪染めの頻度は1カ月ごと

白髪率40%以上になると1cmでも気になります。キレイを保つなら1ヶ月半以内がベストです。

 

白髪染めについて

遺伝や年齢などによる白髪の発生

「10代~20代などの若白髪は、遺伝が関係している場合がありますが、30代以降に徐々にできる白髪は、加齢による頭皮や髪の老化が原因ともいわれます。

精神的なストレスによるものも原因の一つ

白髪の原因には食事や生活習慣も大きく関係しています。私たちが普段口にしているものが、血液となり髪の栄養源となっています。偏った食事や、血行不良は髪に栄養が届きにくくなりメラノサイトの機能も低下します。血行不良の原因には、睡眠不足やストレスも関係しています。自律神経が乱れ、血管が収縮されるため血流が悪くなります。

白髪を防ぐには紫外線にも要注意!

紫外線というと、日焼けや肌のシミを気にする人も多いと思いますが 紫外線が強い季節(バンコクなど)。肌だけではなく、頭皮へのダメージにも要注意。日傘や大きめの帽子ヘアオイルでケアしましょう

過度なダイエットや栄養不足も厳禁!

ダイエットによるストレスや偏った食事制限で白髪になることもあります 白髪は内側からのケアも大切です。白髪と関係しているが『チロシン』と呼ばれるたんぱく質です。チロシンは、必須アミノ酸で食事からきちんと摂取する必要があります。鯵や鯖などの青魚、大豆製品、玄米などに多く含まれます。そのほか、ミネラルやビタミンも白髪対策には必須です。色とりどりの食材をバランスよく摂取するように心がけましょう。美しい黒髪を育むには、毎日の食生活改善を心がけましょう

美容院でプロの人に染めてもらう

「週に2~3回は、シャンプー前のオイルケアを取り入れると良いでしょう。シャンプー前の乾いた頭皮に、頭皮専用オイルや化粧品用の植物オイルをなじませるだけの簡単ケアです。毛穴に詰まった皮脂や汚れをキレイに取り除くことができます。頭皮の土台をきちんと整えてから育毛剤を使用すると効果が高まります。自分でお手入れが面倒な場合は、美容室でヘッドスパをするのも良いでしょう。自分の頭皮の状態を確認するためにも、マイクロスコープなどで頭皮ケアチェックもできるサロンがおすすめです。プロに紫外線対策も相談するのも良いでしょう

 

市販の白髪染めヘアカラーを使って自宅で染めるとどうなる?

市販で染めるなら泡カラーが簡単でキレイにそまりますが縮毛矯正やパーマとの併用ができませんので注意してください。

黒に染めるなら自分で染めても難しくないですが、明るいカラーの場合はサロンで染めた方が良いでしょう

ロングヘアはセルフカラーはオススメできません。

 

★★理想の白髪染めの頻度は1カ月半以内ですが今の白髪染めは明るくつややかな色味が求められてきています 白髪を生かしてハイライトを入れるのもこれから支流になってきます。ネガティブなイメージがある白髪染めですがシルバーに染めたりピンクに染めたり遊び心をプラスしてもよいかと思います。ポジティブに白髪染めをしてみるのもアリでしょう。